株式会社ソフトマターシミュレーションズについて

 株式会社ソフトマターシミュレーションズは京都大学発の研究成果活用企業として,粒子分散系を中心としたソフトマター全般のシミュレーションに関するコンサルティングサービス,シミュレーションソフトウェアの販売・カスタマイズを行っております.
 流体に粒子が分散した粒子分散系では,粒子間に直接働く力だけではなく周囲の流体運動を介して間接的に作用する力を正確に捉えることが必要となります.京都大学で開発された粒子分散系に対するシミュレーションソフトウェア「KAPSEL」では,流体運動をNavier-Stokes方程式に基づいて数値的に解く直接数値計算という方法でこの問題を解決しています.種々の粒子分散系に対して,粒子の分散状態やレオロジー特性の予測,任意形状粒子の運動解析や荷電粒子の電気泳動などの具体的問題へと応用が広がっており,企業における研究開発現場での諸問題を解決する手法としても利用が進んでいます.

動画:ランダムな初期状態からピッカリングエマルジョンが生成する過程のシミュレーション.このように工業的に重要でありながらも実験による解析が困難な問題に対して,最先端のシミュレーション技術によってソリューションを与えることがソフトマターシミュレーションズ社の使命です.